ステンドグラスのススメ

去年の3月末に竣工した保育所のエントランスホールには、この施設名にちなんだ「あじさい」のステンドグラスを入れました。その道のプロにデザインも制作も頼みました。

最初は悲しいことに予算が足りなかったのか、搬入されたのは私たちが期待していたものとまったく違うシロモノ。強く抗議して交換してもらうに至ったのですが、その際いろいろなステンドグラスを見に行きました。

とても素敵だったのは熱海にある起雲閣のステンドグラス。

起雲閣はもともと別荘として建てられたもの。
のちに旅館になり、素晴らしい庭園や大正・昭和の浪漫を残す建物として
太宰治や山本有三などの文豪に愛されました。
今は熱海市指定有形文化財として、一般公開されています。

天窓にぎっしり埋め込まれたステンドグラスは息をのむ迫力でした。

■こちらは広間。天井が全面トップライトです。天井四周にステンドグラスが入っています。床のモザイクタイルもすばらしい・・・・・・本当にモダンです。

画像


■天井一面のステンドグラス。圧巻です。

画像


■窓のステンドグラス。割が細かく、色もきれい。天下一品です。

画像


■窓の取っ手。アイアン製でくるくるしています。アールヌーボーの影響でしょうか。

画像


■起雲閣の建物を庭越しに見る。お庭も大変美しい。

画像


ステンドグラスはこのほかにも、大浴場などいろいろなところに使われています。
ステンドグラスだけでなく、家具も建具も照明も、すべて重厚で素晴らしかったです。

今回ご紹介したようなステンドグラスは、これから同じようなものを作ろうと思えば、もう目玉が飛び出るようなお値段になると思います。

ステンドグラスにもいろいろな種類があり、ステンドグラス専門店が出しているセミオーダー品を使ったり、(厳密にはステンドグラスとはいえないかもしれませんが)色ガラスを組み合わせてステンドグラス風にしたものなどは、割とお手頃な価格で手に入ります。

家を新築する時には、家やご家族を象徴するモノ、お子様の描いた絵などをもとに、ステンドグラスを一か所でも取り入れてみたいですね。きっと良い思い出になるでしょう。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック