1981年以降の新耐震の木造住宅も実は要注意 !?

住宅の耐震性について、今日は衝撃的なニュースが流れました。

それによると「これまで大地震に耐えうる耐震性があるとされた1981年以降の新耐震基準の木造住宅でも、約8割が大地震によって倒壊・崩壊の恐れがある」とのことです(出典:2014年9月3日付ヤフーニュース)。


木造住宅の耐震性を考えるとき、新耐震基準が採用されるようになった「1981年」は大きな転換期とされ、それ以降に建てられていれば、大地震でも倒壊・崩壊はしないという安心の目安になっていました。

今回は2006年~13年にかけて、実際に全国1万8870戸を耐震診断をした結果を踏まえての公表で、1981年以降に建てられた住宅でも、2000年5月以前のものだと大地震が発生したら約8割に倒壊・崩壊の恐れがあることが分かったということです。

1981年に耐震基準が強化され、旧耐震基準から新耐震基準になりました。ここで大きく耐震性が向上したのですが、実は2000年5月にも以下の点が改正されました。


・地盤調査が必須になり、地耐力に見合った基礎形状にしなくてはならなくなった
画像


・柱頭、柱脚、筋かいの接合部に使用する金物などが決められました
画像


・耐力壁のバランス配置など


詳しくはAll aboutの「戸建て住宅の耐震性は1981年と2000年が転換期」をご覧ください。




これまで「1981年以降に建てた家だから安心」と思っていた人も多いと思います。しかし、2000年の改正以前のものについては耐震性に注意したほうがいい、ということになります。

またもうひとつ気になる点が、耐震診断や耐震補強工事に補助金を出す自治体が多いのですが、「1981年以前の旧耐震で建てられた住宅」という条件がついているケースが多いこと。1981年~2000年5月の間にものについては対象外の自治体が多いでしょう。

それでも、1981年以降に建てられた木造在来住宅でも2000年5月以前に建てられたものに関しては、不安を感じることがあれば耐震診断を受けるようにした方がいいでしょう。


■関連記事
戸建て住宅の耐震性は1981年と2000年が転換期(All about)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック