日本初の本格的な高断熱・高気密アパート 見学記

このたび山形県天童市に日本初の本格的な高断熱・高気密アパートができたと聞き、オープンハウスに行ってきました。

アパート名は「CORON CORPO(コロンコーポ)」
設計は東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科教授の竹内正義氏&共創デザイン室
オーナーは萩原尚季(はぎわら・たかき)氏 東北芸術工科大学の卒業生

木造3階建て、オーナー住居、オーナーのオフィス、居住者の関係者が利用できるゲストルーム、賃貸ルームが4室という構成でした。

■外観

画像



画像



画像


■賃貸ルーム

キッチンは無印の特注品でIHコンロが2口

画像



南西向きで明るい居室

画像



壁には断熱材として225㎜のグラスウールが入っているため壁が厚い
窓は樹脂製ペアガラス

画像



天井には400㎜のグラスウールが入っているとのこと。

オーナー解説によると、夜中にエアコンを切っても一定の室温をキープ(朝17℃)、
お風呂のお湯も冷めにくく、40℃のお湯が朝でも37℃を保っており、
帰宅時間の遅いお父さんが帰ってきてもお風呂の追い炊き不要とのことでした。

賃貸ルームの概要は・・・
面積は54㎡で間取りは1LDK。
少人数の家族もしくは学生さんがシェアして住むことを想定
家賃は7万3千円~

Wi-Fiが入っているのでインターネット接続料が無料
高断熱・高気密なので光熱費が安くなる
天童木工の家具を無料貸し出し

以上が賃貸ルームのセールスポイントとのことです。



■1階ゲストルーム

お泊まり体験もできるというゲストルームには天童木工の家具が置いてありました

画像



オープンハウスの間、特別に東北芸術工科大学の学生さんが手作りしたカレーを食べることができました。

画像


学生さんたちは前の晩からこのゲストルームに泊まり込んでカレーの仕込みをしたそうです。

4人の男子大学生の皆さん、お疲れ様でした。
とっても上手にできていました (← お母さん目線)


泊まりこんだ経験談として、エアコンを止めて寝ても、朝室内は暖かく、
日中はエアコンなしでも大丈夫でした、と説明してくれました。


■オーナー住居

オーナー住居も見学させていただきました。

気になったのが造り付け収納がとても少ないこと。

キッチンまわりもリビングも寝室も、造り付け収納はなく
ほとんどオープンラックなどの「見える収納」。

寝室の布団も部屋の片隅に畳んで置かれていました。

それはこのアパート全体のポリシーでもあり、
収納がたくさんあると、ついついものが増えてスッキリ暮らすことができないから
収納は最低限に抑えている、これから増やす予定もないそうです。

また、窓にはカーテンはなし。結露もなし。
お日様パワーを最大限取り込むためで、カーテンがないことで
寒いと感じたことはないとのことでした。


今後、ホームページやフェィスブックで住み心地のレポートを続けるということです。

CORON CORPO HP :http://www.colon-graphic.com/coloncorpo/index.html
CORON CORPO FB :https://www.facebook.com/coloncorpo


1年を通してどんな暮らしが展開するのか、楽しみです。


【建物概要】

所在地     山形県天童市長岡北三丁目4-22
用途地域   第一種住居地域
延べ床面積 450.18㎡
構造      木造3階建て
基礎      べた基礎
断熱仕様   壁:グラスウール16㎏ 225㎜
         屋根:グラスウール 16kg 400㎜
         基礎:ポリエチレンフォーム 100㎜(基礎立ち上がり、基礎下)
開口部     樹脂製ペアガラス
Q値       熱損失係数 0.88W/㎡・K
C値       相当隙間係数 0.44㎝2/㎡

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック